プリアラ感想 15話

プリキュア
05 /15 2017
稀勢の里、やはり左腕が使い物になってないですね・・・・・
これは今場所、10勝できればいいくらいかな
横綱になってから試練が続くけど、稀勢の里が白鵬や日馬富士などの横綱より強くなりたいなら乗り越えないといけないものでもありますよね。

それではプリアラ感想に参ります。

設定を活かした良い回だったと思います。
ただし戦闘に関して言えば、今までで一番良くなかったかも・・・・

あきらの妹、みくが登場する回です。
あきらが病弱の妹を気にかけてるキャラであることを考えればかなり遅い登場のような気がしますが。
妹をとおしてあきらの人となりが良く見えるようになっていたり、みくが決して守られてるばかりじゃない存在であるというところがキャラの魅せ方として高評価ですね。

それに今回、他のメンバーが空気になってないところもよいですね。
あおいが若干妙な動きをしましたが、それも納得できる演出でしたし。
尺は短くても存在感を示せる演出ができてきたかな。


ただまあ、戦闘についていうと・・・・・
双方、地味
カラフルポップな戦闘を売りにしておいてこれはなあと思いました。
あきらの姉妹の絆を描くテーマも敵役のジュリオの悪役ぶりも良かっただけに非常に残念。
ここは作画に影響されたかなと思います。

次回はゆかり回です。
それにジュリオの正体がついにバレるか、という注目の回でもあります。
ここはジュリオの正体バレにつながって、その次からジュリオ絡みの話になるでしょうね。そうじゃないとあきらとゆかりの個人回の順番を入れ替えたりしないでしょうから
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

FLOW

一応弁護士ですが、このブログでは趣味に生きている人のようにふるまいます。

シェリルLOVE