プリアラ感想 9・10

プリキュア
04 /09 2017
仮面ライダーエグゼイドの展開がエグいですね・・・・
平成2期に入ってから一般人の犠牲者が減ったと思いきや

プリアラ第9・10話感想いってみましょう。

9話は非常にうまく作れてる良作だと思います。
FLOWが作品を評価するポイントの一つとして、「設定を活かしているか」があります。
スゴイ設定があるなら、それを活かして欲しいという期待があります。
キラキラパティスリーがドラえもんの道具のごとくどこでもお店を開けるという特性を生かし、「どこでお店を開くか」というテーマを作るのもそうですが、ラストでゲストキャラ二人の雰囲気がちょっと行き詰ったところで店を開き、二人を店内に入れて思い出のクッキーでおもてなしすることになります。もっともいいタイミングと場所でキラパティの設定と今回のテーマを上手に使えました。

10話は高校生組の宣伝回でした。
「あきら対ゆかり」は、完全にタイトル詐欺でした。喧嘩するのかと思って、正直心配してました。
二人の個性の紹介と、なぜ二人はパティシエ活動に付き合っているのかという説明回です。
考えてみればすごいですよね。二人とも高校でファンクラブできるほどの人気者という。しかもその二人が中学生と一緒にスイーツショップをやるなんて、そういえば不自然ですよねΣ(´Д`*)。
二人はそれぞれ全く違う性格をして、普通の漫画なら反目しあうっぽいのですが、二人がそれぞれお互いのいいところを見出します。喧嘩はせずともそこまで親密になってない二人が、最後は下の名前で呼び合う間柄になります。
いろいろ注目されてる二人ですが、名コンビになりそうですね。

そういえば、10話のラストでようやく敵の幹部みたいなキャラが登場しました。OP映像にも流れていたあの仮面のキャラね
ニュースによると、少年キャラだそうです。なんだ男かよ

そしてその声優はなんと皆川純子さんとのこと。
魔法先生ネギまで雪広あやかが一押しだったFLOWにとっては、思い入れのある声優の一人でした。敵キャラでの参戦でしたが。まあ、少年役がうまい人なんでもっともなキャスティングだと思います。

そして来週で今まで出てきた悪い妖精が全員で襲来して、プリキュア側も一回目のパワーアップアイテムを入手するそうですので、そろそろ序盤の最後くらいですかね。

・・・・・来週、日曜日朝から仕事あるんですが
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

FLOW

一応弁護士ですが、このブログでは趣味に生きている人のようにふるまいます。

シェリルLOVE