プリアラ感想 8

プリキュア
03 /27 2017
プリアラ8話見ました。

やっとプリキュアらしくなってきたかな?


今日は「キラキラパティスリー」開店の準備をするお話ですが、
それぞれのキャラの個性がうまく出ていたのと
「スイーツで笑顔を」という今作の方針をうまく出せていました。

前回はいちか以外の4人が正直空気だったのですが、今回はそれぞれの個性を活かせていました。
個性派が集まっている、というのがよくわかります。

今まで正直懸念していたことについて
本作はスイーツづくりに主眼を置いているために
「スイーツ作った」→「悪い妖精やってきてキラキラル奪う」→「そうはさせるか変身」
というワンパターンに陥ってしまうのではないか?ということがありました。
だけど、今回の話の作り方や、来週の予告を見る限りは
そのパターンになかにも、それぞれのストーリーがあることを活かしてマンネリを防ぐことができそうだと感じました。
ちゃんと毎回ストーリーを作っているようですね。


戦闘に関してなんですが、あれだけ自由なクリームエネルギーというものがあるわけだから
ハピネスチャージみたいに思いついた技をそのまますぐ出せるような仕様にすればいいんじゃないかと思います。
ただあのクリームを出すだけじゃなくて、技名をちょっとつけるだけで銭湯への印象がだいぶ変わると思う。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

FLOW

一応弁護士ですが、このブログでは趣味に生きている人のようにふるまいます。

シェリルLOVE