プリアラ感想 5

プリキュア
03 /10 2017
久しぶりの更新。
だが私は謝らない

いや、人間仕事を持つといろいろあんのよ
今度の日曜日もプリキュア生で観れなさそうとか

弁護士の数が余ってるくせになんでこんな忙しいんだか


第5話のプリアラ感想言ってみましょう。
4話はパスします。つまらなくはないけど、普通でツッコみどころもあまりないし。

プリキュアは普通中学生がなるもので、他には異世界人や妖精もなったりします。
そう、高校生プリキュアは少ないのです。いままで月影ゆりさんのみでした。

そのゆり以来の高校生プリキュア、琴爪ゆかりが登場しました。
しかもゆりは「中学生時代に主人公より先に覚醒していた」「親が敵キャラ」「仲間が死んだ」などの背景をもつ特殊なプリキュアです。
ゆかりはそれとは違い、そんな特殊事情もなく、高校生にして覚醒する高校生プリキュアです。プリキュアの歴史14年にして、実は初めての要素だったりします。


そんな琴爪ゆかりのデビュー回ですが
本当に今までにないデビュー回でしたね。

スイーツに今まで特別な思い入れがあったわけではなく、「これからスイーツに興味を持ち始める」という筋書きです。
普通、強い思い入れを持っているキャラが選ばれるわけですが。
それでプリキュアになれてしまうもんだからすごいですよね。
本当に何でもできるゆかりさん。
いちか達と強い友情を結んだかとか、強い使命感を抱いたというよりは「面白そうだから」という理由でプリキュアになってる気がします。そういうキャラって初なんじゃないかなあ?

今までにない展開を見せてもらいました。ゆかりの今後の心境の変化が楽しみになりますからね。



次回はキュアショコラ・剣城あきらが登場しますが・・・・・
これまた新展開。いちかがあきらに一目惚れします。
あきらも今までにないくらいの男装麗人ぶりを見せるキャラですからね。
面白くなりそうです。

前半パートだけでも観れますように


次回はともかく、次々回あたりからは敵側に動きを見せてほしいですね
いずれ解ることだとしても、今のところ街に現れた怪物を倒してる以上の話が書かれていません。
それゆえ、戦いのシーンでワクワクするという感じがでてないんですよねえ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

FLOW

一応弁護士ですが、このブログでは趣味に生きている人のようにふるまいます。

シェリルLOVE