独断と偏見、大河ドラマにしてほしい人物

歴史
12 /25 2016
今回は真面目モードにつき、少し文章が偉そうになります。
とはいっても趣味の話でしかないので、どうかご了承ください。

真面目モード→(`・ω・´)

今年は真田一族をモデルにした「真田丸」が大河ドラマで放映された。
大河ドラマにしては、久々のヒットだったように思う。

来年度からは「おんな城主 直虎」が放映される予定である。
デッドオアアライブ5をやっている私としては、どうしてもあの『戦国無双』における井伊直虎しか浮かんでこないのだが。
井伊直虎は正直、戦国時代に生きた女性の中でもマイナーな部類に入る人物なので、真田丸の直後の大河ドラマを盛り上げるにはそうとう脚本やキャストが頑張らないとならないだろう。
直虎ファンの方には申し訳ないが、私は子供の時「歴史博士」等と言われていた歴史好きであるにもかかわらず、デッドオアアライブ5に井伊直虎が参戦するまで、「井伊直虎」という存在を知らなかった。最近は大河ドラマの影響で割と知名度があるが、それ以前はそのくらいの知名度なのだ。
(岐阜生まれの私としては、戦国時代の女性とは信長の正室である濃姫や信長の妹のお市などがなじみ深い)

再来年は西郷隆盛がメインで、その次はまだ決まってないが近代~現代を扱う予定らしい。
当分私が好きな人物が扱われることはない。
(※この記事は、西郷隆盛や井伊直虎の偉業を否定するものではありません。)

3~4年後を見据え、私が大河ドラマに推したい人物を挙げてみることにする。
今日この記事で何人か挙げるが、また増えたら今後も取り上げてみる。


1 織田信長
 戦国時代の武将の中で一番人気なのはやはり信長だろう。
 信長を扱ったゲームや漫画、アニメだけでもかなりの数があり、しまいにはドラマでも「信長が女だった」とかいう脚本が扱われたくらいである。ただ、創作物の中で悪役として扱われているものも多く、それに伴い実際の信長のイメージも不当に悪くなっている感がある。信長のおひざ元岐阜城が見える場所で育ったFLOWとしては、もう少し正確に信長を知ってほしいと思っている。
 大河ドラマでは1992年に放映されたのだが、信長という人物を再確認するために再び大河ドラマ化してほしいものである。
 そしてできることなら「信長の忍び」を題材にしてほしい。

2 明智光秀
 日本史で謀反人といえば明智光秀であるが、実際のところ明智光秀が本能寺の変を起こした理由について定説がなく日本史最大のミステリーと言われる。逆に言えば、ここはドラマの脚本として扱うのに脚本家の裁量が活かせるところでもある。
 本能寺の変を起こす前の明智光秀の人生も、斎藤道三や朝倉義景などの勢力を渡り歩き、信長の元では将軍の警護役を命ぜられたり比叡山焼き討ちを目の当たりにするなど波乱万丈であり、ドラマにしうる場面はたくさんある。
 それらを踏まえて光秀の人物像を描き、本能寺の変の謎を一年かけて扱う大河ドラマがあってもいいと思う。

3 武田信玄と上杉謙信

 ともに日本最強とされる武将であり、川中島の戦いを戦うライバル同士だった二人の話。
 治世面でもかなりの手腕を発揮したこの二人の人生に学ぶことは多いと思う。


4 東郷平八郎

 日露戦争の日本海海戦でバルチック艦隊を打ち破る日本海軍の話は有名だが、その時の提督を務めた東郷平八郎。
 最近は参謀を務めた秋山真之の方が「坂の上の雲」等で注目されており、東郷自身はあまり日の目を見ない存在になりつつあるが、秋山などの優秀な人材が最大限力を尽くせたのは東郷自身のリーダーシップあってこそだと思う。
 そのような提督を形成した激動の幕末から日露戦争に至るまでの彼の人生にもう少し着目してもいいと思う。

5 雑賀衆
 特定の人物ではないが、戦国時代の最強の傭兵集団「雑賀衆」。
 当時いち早く鉄砲を取り入れ、「味方にすれば必ず勝ち、敵にすれば必ず負ける」といわれるほど強かった戦闘集団である。 
 その雑賀衆が戦国時代に現れ、信長や秀吉と激闘を繰り広げ、そして歴史の表舞台から消えゆくまでの話を扱ってほしい。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

FLOW

一応弁護士ですが、このブログでは趣味に生きている人のようにふるまいます。

シェリルLOVE