FC2ブログ

スーパークラウン騒動について

ゲーム
10 /02 2018
現在、「NewスーパーマリオブラザーズUデラックス」に登場するアイテム「スーパークラウン」をクッパに被せた「クッパ姫」なる二次創作が話題を呼んでいます。

著作権法的にあれはどうなのか、という問題についていえば、「翻案」に該当するかが重要な要素になるかと思われます。「翻案」とは、既存の著作物に依拠し、かつ、その表現上の本質的な特徴の同一性を維持しつつ、具体的な表現形式を変更して新たな著作物を創作する行為を言うとされ、これは本来著作権者に独占的に与えられているものです。

クッパ姫にしても、それを見て「クッパ(もしくはピーチ姫)」とわかるように本質的な特徴の同一性を維持しつつ表現形式を変更してオリキャラを作っているといえるかが重要になります。FLOWは初めてクッパ姫を見たとき「え?何このキャラ?」と思うだけで、クッパを擬人化したことはイラスト説明文を見て初めて認識しました。どっちかというとクッパというよりピーチ姫よりなんじゃないですかね。

ここからはゲーマーとしての意見ですが、このクッパ姫を公式化する署名運動なるものがあるそうです。
FLOWとしては、別にクッパ姫が本家で採用されたり、あるいはオマケ要素で出てくること自体は拒否するつもりはありません。
ただ、それでマリオというゲームの根本がブレてしまうようであればやめるべきだと思います。
今の時代にどういう作品が残っているかっていうと、やっぱり「この作品の面白さはここだ!」という点をしっかり持っていて、色んな意見が寄せられてもそこはブレずに変えない作品だと思うわけです。ネットで色々な意見が発信される現代だからこそ、そういう背骨を曲げずに保つのが大事だと、FLOWは感じております。
マリオくらいのブランドを持つゲームだったらなおさら、作り手側が大事にしているマリオの魅力を曲げずに作っていただきたい。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

FLOW

一応弁護士ですが、このブログでは趣味に生きている人のようにふるまいます。

シェリルLOVE