無念・・・・・・・

2018年ロシアW杯
07 /03 2018
決勝トーナメント1回戦、日本対ベルギー
2-3で敗退・・・・・

よく戦ったとほめてあげたい。
だけど、これで良しとはできない。

ベルギーが日本に見せつけたもの。
長い計画をかけて育ててきた豊富な人材と、用意してきた多くの戦術と戦略。
それは今大会の日本に、そのまま欠けていたものだったからだ。

たった2か月で崩壊したチームを立て直し、ベスト16にまで引き上げた西野監督の手腕は褒めてやるべきだ。
ただ、急造チームゆえの悲しさか、日本には取れる手段が少なかった。だから今あるストロングポイントを磨き上げ、相手の弱点を分析して突くことに尽力したのだと思う。西野監督がマイアミの奇跡を起こした時にそうしたように。

乾、香川、大迫、原口、柴崎、酒井宏樹、昌子など、レギュラーの選手の奮闘は見事だった。
しかし、選手交代で流れを変えられるほど、人材がそろっていなかった。
今大会、選手交代が功を奏した場面はセネガル戦の本田の得点くらいしかなく、人材難を感じされられた。
中島や堂安など、FLOWが選出を願った若手。彼らがいれば勝てたとは言わないが、流れを変えられたと思う。

ベルギーには、途中で日本に有効なスタイルに切り替えられるほどに戦術があった。
ルカクを封じられても取りうる戦術があり、そのための人材がいた。
だからこそ逆転につなげられた。
ベルギーには優勝経験、つまり大舞台で勝った経験だけがないが、今大会でそれをつかむことが可能な力を持っていた。

ベルギーに追いつかれたあたりから、西野監督も打つ手がなくなってきたように見えた。3枚目の選手交代を使わなかったのは、余裕がなくなってきたのと、効果的な策がなかったためだと思う。
FLOWはここで、今の日本の限界を感じた。

一時の勢いで勝ち上れるのは、ここまで。
ここから上に行くには、それこそベルギーが長年かけて積み上げてきたようなものが必要だ。

変わる必要がある。
今回のベスト16で、日本のスタイルに期待が持てるのはわかった。
だからこそ、もっと上に行くために、人材育成や日本のスタイルの確立、強化をしてほしい。
このベスト16に浮かれずに、だけどこのベスト16を活かして


それにしても、ベルギーはすごかった。
あんな状況をひっくり返せるなんて、世界にもなかなか無い。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

FLOW

一応弁護士ですが、このブログでは趣味に生きている人のようにふるまいます。

シェリルLOVE