ハリルホジッチ解任・・・・・

サッカー独自論
04 /10 2018
サッカー日本代表監督のハリルホジッチが、W杯まであと2か月という時期で解任となりました。


FLOWはハリルホジッチの解任を求めて、このブログに書いたこともありますが、それはW杯まであと1年はあるという時期でのことです。W杯まで半年を切った時期になったら、新しい監督を探すのも難しいしW杯の準備をする期間も短すぎるから、もう仕方ないなくらいに思っていました。
東アジア杯での体たらくから、もはや何を書く気も起きなかったのでこのコーナーも凍結状態にしていたのですが。

また、新監督には西野朗氏が就任します。
簡単に説明すると、日本代表の強化部長を務めていた人で、過去には「マイアミの奇跡」という、オリンピックでの日本代表がブラジル代表に勝ったというジャイアントキリングを達成したときの監督でもあります。
ただ、長い間監督業をやらず協会の内部で仕事をしていた人で、この場面での監督就任に適した人かと言われると大いに疑問符が付きます。日本のサッカー関係者の中では重鎮ではあるので、選手への求心力はありそうですが。

新監督にとってほとんどぶっつけ本番に近い時期で、新監督も内部から昇格せざるを得ないくらい適役がいない状況
こんな時期に解任に踏み切るなんて、普通じゃ考えられません。
これは相当な事情があったとしか思えないのですが、真相は闇の中。
少なくともW杯が終わるまでは明かされないでしょうねえ。
FLOWとしては、相当なまでの選手からのハリルホジッチへの不満があったのではないかと思うのですが。


しかし、この状況でW杯を見ろと言われてもなあ、という気分です。
だって、今のW杯で日本が好成績(ベスト16以上)を残したとしても、それはこの日本サッカーの4年間の成果ではなく、突如として現れた超新星の才能か、運でしかないということですから。

勝てばうれしいし、活躍を見せた選手を称えますが
それは選手の手柄ではあっても日本サッカーの手柄ではないのです。

もうね、FLOWが望むことは本選の好成績ではありません。
W杯後の変革です。

日本サッカー協会は、W杯の結果がどうなろうと大反省会を開いてください。
そして偉い人は全員、辞職してください。


W杯が終わったら
ユニフォームの色もエンブレムのマークもスポンサーもサムライジャパンの愛称も変えてしまうくらいに、今までとは違う日本サッカーに変えてしまいましょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

FLOW

一応弁護士ですが、このブログでは趣味に生きている人のようにふるまいます。

シェリルLOVE