ハリルホジッチは岡ちゃんタイプ

サッカー独自論
09 /07 2017
「注目の一戦 ウズベキスタン対韓国」の記事を、操作ミスで削除してしまいました。
申し訳ありませんでした。

ちょっとアジア予選の感想を書きます。


ウズベキスタン対韓国の一戦、正直期待外れでした。
W杯出場がかかった一戦だというのに、ウズベキスタンに覇気がなく、スコアレスとはいえほぼ韓国が試合を支配する展開でした。
あれはウズベキスタン代表内に内紛があったんじゃないだろうか

オーストラリアは1敗しかしてないのに3位プレーオフ。韓国は3敗して、最終戦も勝てなかったのに他の国の躓きにより2位確保。
サッカーって残酷だと思いました。

日本対サウジの試合は真夜中だったので通しては観ておらず、ダイジェストをサラっと観たくらいなのですが
あれでわかったのは、ハリルホジッチは試合当日までに「対策」を練って備えるタイプの監督です。相手によってスタイルをガラッと変えてしまえる監督です。
解りやすく言うと2010年南アフリカW杯での岡田武史監督タイプですね。
だからW杯本戦までの間、チームとしては割と迷走しているようにみえる期間が出てきて、岡ちゃんみたいに批判にさらされるかもしれません。けど退かずに本戦まで貫き通すでしょう。
「自分たちのサッカー」とやらが好きな人たちは、きっと苦々しい思いをするんじゃないでしょうか。

以前にも似たようなことを書きましたが、「自分たちのサッカー」は、ドイツとかを見てると監督が作り上げるものじゃなくて、それこそユースとかの育成年代から教え込ませて作り上げるものだと思ってるので、そこはハリルホジッチに期待することじゃなく、日本人自らの手で形成しないといけないと思います。
そういう意識改革を促すという意味では、ハリルホジッチは今の日本にちょうどいい監督のような気もします。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

FLOW

一応弁護士ですが、このブログでは趣味に生きている人のようにふるまいます。

シェリルLOVE