プリアラ感想 シエル編

プリキュア
07 /17 2017
久しぶりのプリアラ感想。20話から23話という、キラ星シエル・キュアパルフェのデビューをまとめて「シエル編」として書くことにします。

先日の放送で、キュアパルフェがついに誕生したのですが、
今までで一番観てて楽しいプリキュアかもしれません。
肉弾戦を封印したと言いますが、爽快感は肉弾戦以上です。あの何でもあり感非常に好きです。まさに楽しい要素てんこ盛りのパフェ状態。
あの変身シーンと必殺技シーンだけでも観る価値がありますね。
つーか来年以降、肉弾戦がむしろやりにくくなるんじゃないでしょうか


シエルがキュアパルフェに変身するにいたるまでの過程も非常によかったです。
シエルのキャラを引き立てるのみならず、シエルの弟だったジュリオ/ピカリオのキャラや今まで語られなかったこの作品の根幹に関わる要素や敵対勢力の全容も見えてくるストーリー仕立てになってます。非常に内容の濃い1か月だったな。

それにしても、いよいよ仮面ライダーっぽい設定になってきました。
本作でプリキュアが使うのはキラキラルですが、敵が使うのも闇のキラキラルであり、使ってる力が本質的には同じものになってます。憎しみや嫉妬、後悔といった負の感情が闇のキラキラルを生み出すという。


それにしても、水瀬いのりさんの演じる妖精はともかく、皆川純子さんの演じる妖精を観る日が来るとは思わなかった。
ジュリオ(ピカリオ)は23話の終盤で消滅してしまいましたが、あれはどうなってしまったのかが気になります。長老みたいにおばけになったのか、それとも・・・・・


この「シエル編」ともいえる1か月の展開は、シエルが中心になっていたためにいちか以外のメンバーが再び空気化してしまっていたのが残念だったなとは思います。しかも来週はシエルがいちか達の学校に転入する話だから、まだちょっとシエル中心の話は続きそうだし。
挽回を期待しましょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

FLOW

一応弁護士ですが、このブログでは趣味に生きている人のようにふるまいます。

シェリルLOVE