記事一覧

連載 導入修習1 司法研修所

導入修習は12月上旬から始まります。これは私が合格した年から開始された制度です。
埼玉の和光市にある「司法研修所」と呼ばれる施設に、その年の合格者が集合します。
その数は1800人にもなるので、司法研修所や和光市は司法修習生で一杯になります。
去年は司法試験の合格者が1580人に減らされたとニュースになりましたが、1800人時代でも研修所は修習生の面倒を見切れていなかったようなので、合格者が減らされるのはある意味運命だったように思います。

この司法研修所、遠方地からやってくる人のために寮があるのですが、東京にいる人には貸さない運用をしていました。当時東京に部屋を持っていた私は、片道40分の道のりを乗り換え3回して通っていました。
東京から埼玉に向かうので、埼玉から東京に向かう人たちとはちょうど逆になります。なので意外に通勤ラッシュに巻き込まれなかったですね。
和光市についてからは修習生のラッシュに巻き込まれますが(´・ω・)

和光駅前に居酒屋が多く、修習生がよく飲み会してます。正直あの町で飲む以外やることないしそれは前からなんですが、導入修習最大の利点といえば「これから1年間修習を一緒に受ける同期と親睦を深めることができる」ことなので、導入修習中は非常に飲み会が多いです。
顔合わせ、クラス飲み、修習地飲み、打ち上げなどなど。しかも同じロースクール出身の合格者が集まって飲み会を開くこともあるので、ほぼ毎週飲み会があります。積極的に飲み会に行くほうではない私も、3週間のうちで5、6回は飲み会をした記憶があります。

そんなこんなで、酒に弱い者にはある意味試練の一年が始まりました。( ̄^ ̄)ゞ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント