FC2ブログ

最近のこと

アニメ
02 /24 2019
1 アニメについて
転スラ以外は軽めの作品ばかり見てる。
ケムリクサが面白いと評判だけど、見逃したからネットフリックスで観るかな

スター☆トゥインクルプリキュアは、テンジョウ(遠藤綾さんの役)がプリキュア化する兆しが見えたら観始めます。
情報は追ってるからわかるけど、全く可能性ないわけじゃないんだよね。自信もってあるとも言えないけど
ただ、春の劇場版はどうしようかな。プリアラ好きだったから、プリアラの面子の活躍は観たい。
春の劇場版はオールスターズが廃止され今の体制になってから、2作連続滑ってるのでそんなに期待はできないけど

2 ゲームについて
最近はバイオre2を攻略してます。
クレア編でS+クリアを達成したので、今回はレオン編S+を目指してます。
追加シナリオは一つもクリアできてません。
動画だと簡単にクリアしてる人いるしあの通りやればできるけど、「理屈で解ってても恐怖心で戸惑ってしまう」から、あのゲームはホラーとして上手くできていると思う
スポンサーサイト



妖怪ウォッチ新シリーズ

アニメ
02 /19 2019
妖怪ウォッチがこの4月から新シリーズ。
ふたたびケータが主役に戻るようです。

シャドウサイドは嫌いではないけど、ジバニャンとコマさんが戻るのは安堵してます。
2014年ころから遠藤綾さんがコンスタントに活躍してる作品でもあるからね
今年のプリキュアのショックに打ちひしがれてるFLOWにとってはいいニュースです。

だけどあのシリーズ、悠木碧さんをヒロインに据えたくて必死だけど、なぜか続かないな・・・

1週間・・・・

プリキュア
02 /16 2019
今年のプリキュアの視聴を先週から断念したわけだけど
あのOPとED曲、めちゃくちゃ頭に残るから困る。あの曲だけはよくできている。

正直未練はあるんだけど、拒絶反応が凄く出てしまう。
少なくとも今年の作品は、FLOWが譲れなかったところをモロに壊してしまったからさ。
トゲパワワもバットエナジーも不幸ゲージもあふれ出てる状況で絶望の檻に閉じ込められたような心境なんだわさ。

思えば、FLOWの知るプリキュアファンの人たちも徐々に離れていったけど
彼らも、何か納得できない展開があったから離れたとか、今のFLOWと似た心境だったのかな

HUGっと!プリキュアについて振り返る

プリキュア
02 /12 2019
あまり多くを語らないと宣言したHUGプリですが、至極個人的な理由で今年のプリキュア視聴を断念してしまったFLOWは今非常に手持無沙汰。
この連休中、プリキュアが自分にとって何だったかというのも疑問に思ってしまう有様でした。
なので、この一年でFLOWの中のプリキュアの思い出を少々振り返ってみたいと思います

まずはいろいろ話題になったHUGプリのその功罪を少々語ってましょう。

功①:難しいテーマに立ち向かった
「大人になる」ということと、「未来から来た友達との別れ」というテーマは非常に難しいと思うのですが、そこに作品として答えを出したのは評価したいです。
とくに後者は、創作におい描くことは非常に難しいことだと思ってます。ドラえもんですらのび太との完全の別れを描くことはないんですから。

功②:ヒロイン物の行きつく一つの理想を作り上げた
最近、まどか☆マギカの影響でヒロインものが一種のブラック企業のようなものな扱いを受けるようになってますが、FLOWはこのハグプリは今の時代に沿って変化した正統派ヒロインを貫き、劇場版でその理想にたどり着いたと思ってます。

罪①:風呂敷の回収が明らかに不足している
作中の色んな謎が、明らかにされてないことです。打ち切り漫画とかでよくある、広げすぎた風呂敷を回収できてないという説明不足が散見されました。ひろげた風呂敷の数はそこまで多くないとは思うんですが、それでもいろんなものが回収されてないし、説明がなく物足りなかった、想像で補うしかないような設定が多かったです。
シリーズ15周年記念作品として、テレビシリーズ中にオールスターズをやるとか制作陣としてはやりたいことが多かったんでしょうが、一つ一つがおざなりになった感じは否めないです。
特に「マザーハート」、あの存在が明白にされなかったのは、大きな問題だと思う。
この作り方は良くない例として、次回以降は引き継がないようにしてほしいものです。

罪②:最終決戦が物足りない
言ってしまえば、37話でプリキュアオールスターズを追い込んだトラウムの方が絶対に強いというところです。

罪③:前半と後半でちぐはぐ感が生まれている
「ずっと一緒にいる」と宣言したルールーが最終回で未来に帰ったり
女優業に復帰したさあやが、最後は医師を目指したり
スケーターとして挫折したさあやが、いつの間にかトップクラスになっていてむしろハリーへの恋愛感情に焦点が行ってたり
なんか通してみると、「思わせぶりなこと言っといてそっちやるのか」と思わされるんですよね。


こんなところでしょうか。
今思い返すと粗が多い作品と言ってしまってもいいんですが、それを踏まえても特筆して面白い点があった作品と言えます。

私、決めました。

プリキュア
02 /11 2019
先日のショックを引きずったまま視聴したスター☆トゥインクルプリキュアの第2話。
引きつづき愚痴っぽいので追記。
ただし、FLOWにとっては重大な意思表明もしております。

続きを読む

プリキュアシリーズに望んでいたことが・・・・

プリキュア
02 /09 2019
愚痴なので追記で

続きを読む

スター☆トゥインクルプリキュア 感想

プリキュア
02 /03 2019
HUGっとプリキュアについては、多くを語りません。
アニメ好きなら観るべし、とだけ。


スター☆トゥインクルプリキュアの第1話を観ました。
かなり演出に凝ってるというか、観て楽しい作品になってると思います。

ただなんというか、主役のひかるの声が、コミカル場面でもシリアス場面でもずっと同じ調子で、抑揚・メリハリに欠けるという印象は受けました。
単にひかるがそういうタイプのキャラってだけなのかな?
まだ始まったばかりなので、この辺りは気にする程度にとどめておきます。

FLOW

一応弁護士ですが、このブログでは趣味に生きている人のようにふるまいます。

シェリルLOVE