伊13ドロップ

艦これ
02 /26 2017
プリキュアを見ながら、E3の堀りをしてたら・・・・・

伊13

出ました!

A勝利でも出るという情報でしたが、今回はS勝利したら出ました。


これで今回の実装艦をすべて手に入れましたので、FLOWの冬イベは終了となります。
スポンサーサイト

艦これイベントクリア

艦これ
02 /25 2017
出張中にもコツコツとやっていた2017年冬イベント、さきほどクリアしました。
E1とE2は甲でやりましたが、E3は乙にしました。

甲クリア目指してたのですが、ちょっと私事でゴチャゴチャしてまして、甲クリアに集中できないと思いまして難易度を下げてしまいました。仕方ないね。

E3クリアにより、伊14をゲットしました。
伊14

そしてもう一人、ドロップとして天津風もゲットしましたよん
あまー

天津風のドロップは予想してなかったので、うれしい誤算でした。


あとは出来る限り伊13のドロップを目指します。

E3は結構苦労しましたが、ベストな編成に早く気付くことができたら甲クリアもできたかもしれません。
最初は「金剛、リットリオ、ローマ、アイオワ、千代田、千歳」「阿武隈、島風、雪風、ビスマルク、北上、木曾」の編成で行きましたが、おもに千歳と千代田の大破撤退が頻発しました。この二人に彩雲持たせてたので、退避させてもボスマス直前で逸れてしまうのが痛かったです。
仕方なく龍驤投入、そして低速艦の隼鷹を代わりに入れました。レベル90を超えてるこの二人は大破が少なく、ボスますまでの道は安定するようになりました。

ボスについてからは、思ったよりボスを削れませんでした。金剛、リットリオ、ローマの3人が思ったように働いてくれず、夜戦前にボス以外の敵が残ってしまうことがほとんど。S勝利とれたのは、ラスダン突破以外では一回しかありません。
第1艦隊の戦艦を全員金剛型にしてみたりしましたが、そもそも旗艦の金剛が頼りなくて(レベル98です)成果が上がらず。
そこでいっそのこと、うちの嫁艦のビスマルク(レベル140)を第一艦隊旗艦に配置して、第二艦隊は阿武隈+雷巡3隻の開幕雷撃4発という編成にしました。その結果、各段にボスでの戦果が上がりました。
なにより、ビスマルクがボンボン空母や戦艦を落としてくれたおかげで道中・ボスともにかなり楽になりました
内助の功ってやつですね(´∀`*)
最終的な編成はこうです

第1艦隊 ビスマルク 榛名 リットリオ アイオワ 龍驤 隼鷹

第2艦隊 阿武隈 雪風 時雨 北上 木曾 大井

リットリオには二式水戦改を乗せて対空をあげました。時雨は対空カットイン装備の島風にすることもありました。


今回のイベントのMVPは、E3最大の功労者であるビスマルク、そして次点でE1E3の輸送ルートで奮闘した伊401ですね。
今後の課題としては、装備の改修をマメに行うことですね。

以上で総括を終わります。
あとは伊13が出るかどうか、ですね。

プリアラ感想 3

プリキュア
02 /25 2017
世間ではJリーグが開幕してます。
FLOWもサッカーに熱中していた時代がありましたが、今やサッカーからは手を引いてます。
日本のサッカーが、私の望む方向には絶対に向かわない気がするためです。


それはさておき、出張から帰ってきたので第3話を視聴しました。
いろいろと歴史的な回だったと思います。

 ロックなプリキュア、あおいの登場
 今までプリキュアで歌キャラと言えば、まこぴーみたいなアイドル系がメインでした。そうでなくてもこういうアニメでは、歌はアイドル路線がほとんどです。
 そんな中で今回登場した立神あおいは、ロック系音楽をこよなく愛するロックなキャラです。
 バンド活動したり性格などのキャラ立ちもそうなのですが、プリキュア変身にもロックの要素(革ジャン・エレキギター)を取り入れるなど徹底してます。そのロックの要素が、驚くほど活かされてました
 「普通に考えたら似合わないだろうな」という偏見を吹っ飛ばしてくれました。
 
 14年も続いているプリキュアですが、ここにきて幅が広くなっているように思いますし、今後も幅広い表現を目指していける可能性を感じましたね。
 
注:FLOWはロックの世界がどんなものなのかよく知りません。

 そして、肉弾戦の扱い。
 今回、あおいことキュアジェラートは敵に対して普通にパンチしていましたが、その攻撃は通じませんでした。
 つまり、今作は普通の打撃は通用しないということなのです。
 プリキュアシリーズのみならずバトルものだったら致命的なこの設定を逆手にとって、トリッキーでアクション要素もあるバトルを展開していましたね。この点に関する私の不安は、ひとまず払拭されました。

このペースをこれからも続けていけるなら、面白くなりそうですね。
 

 さて次回は琴爪ゆかりことキュアマカロン登場・・・・
ではなく、3人で真理子さんに差し入れ?

 あれ?プリキュア映画が3月18日で、あとは2月26、3月3日、3月11日と3回やるなら
 5人全員がそろうのは映画公開日ギリギリ前になるの?
 しかも、レギュラーキャラを差し置いて押し出すほどの真理子さんって人、何者だよ、まさか6人目のプリキュアか?
 ゆかりとあきらは別にプリキュアになっていて、いちか達とはしばらく別チームで活動するのか?

 ちょっとここで1話挟む意図は不明ですねえ
 ただでさえ5人もいると話の展開が遅くなるのに

受験生激減で司法試験がピンチ

司法試験
02 /23 2017
最近出張に行っていたせいでブログに触れなかったのですが、その最中に気になるニュースが飛び込んできました。


平成29年度の司法試験の出願者が、6,716人と公表されました。

ちなみに去年と比べると1014人も減っております。
実際はここから試験当日に受験をしない人が出てくるので、受験者数はもっと減っていきます。
実際の受験者は6000人くらいじゃないでしょうか。

近年の弁護士の就職難をうけ司法試験の出願者は右肩下がりに減少してきていますが、それにしても減ったなという印象です。
ちなみにFLOWが受けた年は、9000人ほど出願者がいました。あの当時はまだ、「法科大学院を合格してから5年以内。受験回数は3回まで」というみたいな制度があったため、自信がない人は出願しても受験を控えるということも多く、受験者は8000人くらいでした。
現在は「5年5回」となっています。これは減少する司法試験受験生の減少に歯止めをかけるために受験制限を一部緩和したと思われますが、それも効果は一時的なもので、減少が止まっておりません。

現在の司法試験は、法科大学院を修了するか予備試験に合格しないと受験できないようになっていますが、現在は法科大学院に入学する人がどんどん減っているため、出口である司法試験の受験者も減っています。


注目されるのは、今年の合格者数。
司法試験の合格者は、受験者数のおよそ4.5分の1くらいで推移しています。
今年は1250人くらいになるでしょうかねえ。また減るなあ

あとは、受験者数の減少を止めるためにどう出るか、ですね。
「5年以内」という制限も撤廃して、法科大学院を修了した人(および予備試験合格者)であれば受験資格を認めるとするのでしょうか?
ただ、そんなことをしても受験者はそこまで増えないと思います。
現在の弁護士の就職難は本当にすさまじい。
合格が伸びれば伸びるほど不利になり、3回目で合格した人なんて本当に就職が難しいといわれてます。
その就職難に、さらに不利なハンデを背負ってツッコむ勇気のある人がいるでしょうか?


なんかこのままいくと、法科大学院入学者と修了者が壊滅的に減少して、予備試験がそのまま司法試験に置き換えられるような気がします。

司法試験まで

司法試験
02 /16 2017
あと三か月か。
5月の中旬くらいに司法試験は行われます。

司法試験受験生にとって、年明けから5月まではキツイ時期です。
具体的には・・・・

・試験まで時間があるようでない
・試験に関する情報が錯綜する
・刻一刻と試験までの時間が迫ってくる
・寒くて風邪をひきやすい
・就活も見据えないといけない
・合格できるか不安で仕方がない。(模試とかで悪い点とってしまうともう・・・・)
・そのうえで勉強しないといけない。

合格できたからよかったけど
きつかったなー

そういう不安を和らげるためにプリキュア見てたわけでんねん
ちょうど2月くらいに始まるし

プリアラ感想2

アニメ
02 /13 2017
日曜日のFLOWの朝は、戦隊から始まります。
今日から始まった「宇宙戦隊キュウレンジャー」
俺こういうの好きよ
スターウォーズとかの宇宙モノめっちゃ研究してるね。
え?エグゼイド?ノーコメント

そしてプリアラ第2話です。
え?戦闘でいちかがクリームエネルギーをまとった足で飛び蹴りした?いいんだよ細かいことは
今回は有栖川ひまり登場回でした。一人ひとり登場してプリキュアになっていくパターンも考えてみたら久しぶりです。
物語が本格始動していくのはまだ先だなあ。
長老なる妖精が登場し、プリキュアの伝説を語りましたが、まだ全部は語ってないですね。
ちなみに長老は「クリーム爆発に巻き込まれたので実体がない」「壁をすり抜ける」という特徴を持つキャラです。
おばけやん

ひまりはスイーツ大好きな博学者ですが、スイーツのことになると周りを見失って語りに入ってしまうというキャラでした。
小学校のころにそれでクラスメイトに引かれて、今日まで友人がいなかったそうですが
それで今日までぼっちだったってちょっと重いなあ。悪いことはしてないのに。
そういう「自分とは違う」面のある子ともスイーツで交流を深めていくお話。この作品の肝ですよね。

個人的には「こんなこともあろうかと」という一言とともにスイーツ発明品を取り出すキャラになることを期待してます。


次回は立神あおい登場回です。
ロックが好きで自分でロックバンド組んでる中学生女子っていう設定をどう絡ませるのか、非常に気になるところです。けいおんみたいなガールズバンドかと思いきや結構本格的なロックっぽいし。


ちなみに余談なんですが、本格的にアイドルや歌をメインテーマにしたプリキュアというものも一度やってほしいですね。
スイートプリキュアは歌というより音楽全般を扱った印象ですから 

FLOW提督冬イベ奮戦記

艦これ
02 /12 2017
土曜日から、艦隊これくしょんの2017年度冬イベントが開始されました。

FLOWも提督なので、当然参加します。今度は甲クリアを狙います。

まずはE-1ですね。
このエリアは輸送作戦ですが、潜水艦6で安定です。
Bマスに基地航空隊を集中させれば、よほど運が悪くない限り目的地に行けます。

様子見のつもりで挑戦したけど、結局クリアまでやってしまいました。
今回、E-1は楽でしたね。ただ、レア艦を見落としてるかもしれません。
今回の攻略中に谷風が出ましたが、正直それ以外はめぼしい艦は出ませんでした。

またレア艦情報がでたら、イベントクリア後に堀をしようかと思います。

弁護修習 1  

司法修習
02 /09 2017
弁護修習 1 実務修習開始
 導入修習を終えると、世の中は年末ムードになります。
新年を迎え、1月4日になると実務修習が開始されます。地方によっては5日のところもあるそうです。
3が日のうちに、お世話になる先生の法律事務所に実際に行って立地を確認しました。3が日だったので先生はいませんでしたが。
年が明ける前に挨拶する修習生もいるそうですが、私は先生に「そんなのいいよ」と言われました。後で聞いたところ、この時期の先生は大きな破産事件の対応に追われており、非常に忙しかったそうです。
 
 実務修習の開始日はまずその地方の地方裁判所でオリエンテーションがあるので、いきなり法律事務所に行くのではなく、いったん裁判所に集まります。それが終わった後、各所に散らばります。刑事裁判、民事裁判なら裁判所に、検察なら検察庁に、そして弁護修習なら弁護士会に一度集まり、その後各法律事務所に向かいます。
 この時、裁判所と検察庁と弁護士会で横の連携がうまく取れてない場合があり、次の行先をおしえてもらえないことがあるので、スケジュールや場所はよく確認しておきましょう。
 
 実務修習初日は、開始式などで一日のほとんどを使いました。お世話になる先生の法律事務所へは16時30分ころにようやく訪れることができ、弁護修習1日目はあいさつをする程度しかできませんでした。

 弁護修習では、修習生一人に付き、指導担当の弁護士が一名付いて約2か月間指導を受けます。
 その先生の担当している事件を傍から見たり、法律相談に同行したり、先生が書く必要のある書類を修習生が書いてみたりします。
 どんな事件を体験できるかは、その先生次第です。専門分野の事件しかやらない人もいれば、町弁として幅広い分野の事件を担当している人もいます。中には行政事件専門の先生についたため、ほとんど一般的な事件をやることがなかったという修習生もいたそうです。
 ただし刑事事件は修習生への指導のため、2か月の間で最低一件は割り当てられるそうです。
 最近は大きな都市であれば刑事事件専門の法律事務所もあるそうですが、普通の先生は年に数回程度しか刑事事件を扱いません。刑事事件を比較的多く扱うという先生でも、他の民事事件に比べると10分の1くらいだそうです


 私の指導担当だった先生(以下、M先生と言います)はまさに町弁というお方でしたので、いろんな事件を担当されており、私はいろんな分野の実務を体験することができました。地方に行くほど町弁タイプの先生が多いので、弁護修習を充実させるには地方がいいのかなと思います。
 ちなみに、裁判官や検察官は3年ごとに異動となりますが、弁護士の先生はその地域に腰を据えて何十年もやってる方が多いです。その地方に関しては、弁護士の方が詳しいでしょう。

プリアラ感想1

プリキュア
02 /08 2017
あー、やっとキラキラ☆プリキュアアラモード観れた・・・・・・


というわけで、感想をば。


過去作で言うとハートキャッチプリキュアに近い画風で、変化も多いですね。
本作からスイーツづくりの過程が実写映像付きで流れるという、まるでNHKの子供向け料理番組みたいな演出も導入されましたが、それを含めてテンポよく、見ていて楽しい映像になっていると思います。
不安要素の一つだった妖精ペコリンも、動き出すと結構いいキャラしていて不安が解消されました。

動きだすと非常に良く見えるのがプリキュアってもんですよね。

ストーリーはまあ、1話だけで全貌がわかるわけじゃないので。
それに初期メンバー5人もいると、プリキュアの紹介だけで5話も使ってしまうので、スロースタートになってしまいがちです。
ただ、本作は「キラキラル」によって味方も敵も強くなる点、「敵と味方サイドで使う力が同じ」という仮面ライダーのような設定ですね。ストーリーもよく練られたものになってると期待できるとしておきましょう。

肉弾戦封印については、これは本当に徹底するようですね。
私がプリキュア好きな理由の一つが戦闘のアクションのカッコよさです。
代わりのカラフルポップなバトルでそれをできるのかどうか。
ここは若干厳しめに見ていくことにしましょう。
それにしても、春の映画でプリンセスや魔法つかいと共闘するときとかどうなるんだろうなあ。

現時点、アニマル要素が若干ごり押しのような気がします。
本作のプリキュアは動物モチーフなわけですが、本作のプリキュアがケモミミになるちゃんとした理由があったかというと、1話目を見た限りでは特になかったですね。いちかは結果的にウサギになりましたが、ネコ好きでネコのケーキを作ったらネコでもよかったわけです。
私は本作のビジュアルを最初に見たとき、「ここでその要素使うの?」と疑問に思いました。アラモードという名前からお菓子がモチーフなのはわかったのですが、そこに動物要素も使うことは非常にもったいないと思いました。動物要素はそれ単体でいくらでもテーマにできるわけだし、いつかケモミミなプリキュアもやってほしいと期待をしていたものですから。
だから、ここでその動物というテーマも使う以上は、上手に活かしてほしいと思ってます。

OPに一瞬出てきた敵幹部みたいな人、誰なんだろう。
レジーナとかトワイライトみたいなライバルヒロインだったらいいなと思ってます。

本編の感想等は以上ですが、気になる点をもう一つ。
本作のキャストのインタビューがヤフーのニュースで取り上げられたりと、かなりメディア展開が早く、そして広くなってます。
これはかなり力を入れてますね。

2018年にマクロスシリーズ新作?

アニメ
02 /01 2017
気になるニュースが入ってきました。

それは、2018年にマクロスシリーズの新作が公開されるとのこと


マクロスデルタとは一体・・・・・
2年持たなかったか
ワルキューレの楽曲は好きなんですが。

しかも「新作よりマクロスFの続編が見たい」というコメントも多いです。
マクロスFがかなり長い時間フィギュアとかメディアミックスとかで売れるソフトだったことを考えると、
いかにシェリルが偉大だったかがわかりますよね。

あれかな、次回作はマクロスFの誰かの親族がヒロインの一人だったりするのかな。
シェリルとアルトの娘が出てきたりした日には、嬉しすぎて飛び跳ねると思います

FLOW

一応弁護士ですが、このブログでは趣味に生きている人のようにふるまいます。

シェリルLOVE