ハリルホジッチ解任・・・・・

サッカー独自論
04 /10 2018
サッカー日本代表監督のハリルホジッチが、W杯まであと2か月という時期で解任となりました。


FLOWはハリルホジッチの解任を求めて、このブログに書いたこともありますが、それはW杯まであと1年はあるという時期でのことです。W杯まで半年を切った時期になったら、新しい監督を探すのも難しいしW杯の準備をする期間も短すぎるから、もう仕方ないなくらいに思っていました。
東アジア杯での体たらくから、もはや何を書く気も起きなかったのでこのコーナーも凍結状態にしていたのですが。

また、新監督には西野朗氏が就任します。
簡単に説明すると、日本代表の強化部長を務めていた人で、過去には「マイアミの奇跡」という、オリンピックでの日本代表がブラジル代表に勝ったというジャイアントキリングを達成したときの監督でもあります。
ただ、長い間監督業をやらず協会の内部で仕事をしていた人で、この場面での監督就任に適した人かと言われると大いに疑問符が付きます。日本のサッカー関係者の中では重鎮ではあるので、選手への求心力はありそうですが。

新監督にとってほとんどぶっつけ本番に近い時期で、新監督も内部から昇格せざるを得ないくらい適役がいない状況
こんな時期に解任に踏み切るなんて、普通じゃ考えられません。
これは相当な事情があったとしか思えないのですが、真相は闇の中。
少なくともW杯が終わるまでは明かされないでしょうねえ。
FLOWとしては、相当なまでの選手からのハリルホジッチへの不満があったのではないかと思うのですが。


しかし、この状況でW杯を見ろと言われてもなあ、という気分です。
だって、今のW杯で日本が好成績(ベスト16以上)を残したとしても、それはこの日本サッカーの4年間の成果ではなく、突如として現れた超新星の才能か、運でしかないということですから。

勝てばうれしいし、活躍を見せた選手を称えますが
それは選手の手柄ではあっても日本サッカーの手柄ではないのです。

もうね、FLOWが望むことは本選の好成績ではありません。
W杯後の変革です。

日本サッカー協会は、W杯の結果がどうなろうと大反省会を開いてください。
そして偉い人は全員、辞職してください。


W杯が終わったら
ユニフォームの色もエンブレムのマークもスポンサーもサムライジャパンの愛称も変えてしまうくらいに、今までとは違う日本サッカーに変えてしまいましょう。
スポンサーサイト

泡沫の夢だった平山の世代

サッカー独自論
01 /27 2018
ベガルタ仙台所属のFW平山相太選手が、突然の引退表明。
これから新シーズンに入る、という段階での引退なので、割と電撃引退扱いされてます。年齢的にも引退をするような歳ではないし・・・


決して褒められた実績ではなかったのですが、FLOWは一言いいたい。
ありがとう、と


彼が全国高校サッカー選手権で2年連続得点王になり、高校生ながらU23代表に選ばれたとき、「怪物現る」と世間からの注目を集めていた。この日本に、ようやく本格的な大型ストライカーが登場するのか、という期待があった。
FLOWもそう思っていた。
190センチという長身に加え、胸トラップや足元の技術もうまく、何よりインテリジェンスがあった。
こんな逸材が、活躍できないわけはない、と


しかし平山は活躍できなかった。
自己主張の足りない彼自身の責任も大きいかもしれないが、FLOWにはどうにも当時のアンダー代表の指導者層が平山を起用せず熱心に育てなかったように思える。

実は、FLOWは平山のいた世代を、非常に気に入っていた。
スピードスターと呼ばれ、U20W杯で得点王にもなった坂田
平山の相方であり、体格がいいわけでもないのに体幹が凄く中田を思わせる安定性を見せた兵藤
ユースの時代から抜群のストップ率を誇っていた川嶋

彼らの活躍を楽しみにしていた。
その筆頭が、平山だった。

結局、川嶋以外は、日本代表ではほとんど成績を残せていない(Jはともかく)
川嶋にしたって、川口と楢崎が君臨していたとはいえもう少し早く世に出てもよかったと思う。

この世代を育てられなかったということで、FLOWは日本サッカーの育成に超が付くほどの不信感を抱いている。


叶わなかったけど
夢を見せてもらった。
ありがとう。

予想 W杯グループリーグ 日本の相手

サッカー独自論
12 /01 2017
まもなくロシアW杯の組み合わせ抽選会が行われます。

そこで、FLOWもグループリーグの組み合わせをシミュレーションしてみました。



続きを読む

J1プレーオフ 1回戦の結果

サッカー独自論
11 /26 2017
福岡1-0東京V

名古屋4-2千葉

となりました。

昼は外出してたので試合は観てないのですが(そもそも観れる環境がウチにないけど)
試合結果は帰ってから確認しました。

しかし、名古屋対千葉の試合で「神の手」なる誤審があったと聞いて、そのシーンを確認しました。

確かに当たってるなあ・・・・・・


あれで試合の流れが変わったかもしれないので、千葉が気の毒な判定ではあります。

VR判定が導入されれば、ああいうのも減るのかな。

J1昇格プレーオフとJ2雑感

サッカー独自論
11 /24 2017
2017年のJリーグも佳境に入り、J2ではJ1昇格へのプレーオフが行われます。

今年の組み合わせは
①名古屋(3位)vs千葉(6位)

②福岡(4位)vs東京Ⅴ(5位)

となり、①の勝者と②の勝者で決勝となります。

FLOWは元名古屋ファンですが、前年度の名古屋のあまりの酷さにファンを辞めてしまってます。しかし今年のプレーオフの相手が千葉なのが色んな意味で因縁を感じ、取り上げた次第です。
将来の日本代表監督候補と言われる風間八宏の手腕に注目するという名目でチェックはしてるのですが、見た限りでは2,3年かけてチームを作っていく方針のようです。現時点ではプレーオフで勝ったとしても、J1に定着できるほどの力はないかなーと思ってます。

FLOWの故郷のチームであるFC岐阜は18位。
ただ、比較的最近できたチームであることもあり、馴染みは薄いです。
試合を見に行ったことも3回くらいあるけど、一度も勝った試合を見せてくれたことない・・・・
やっぱり東海でサッカーと言えば静岡だなあと思わされます。


FLOWはこのプレーオフ制度、あまり好きではありません。
J2の3~6位にとってはチャンスは増えるかもしれないけど、J1に定着するには一発勝負の強さだけじゃなくて、シーズン通して安定した強さを持たないとならないと思ってて、3位から6位くらいのチームにそれがあるのかが疑問なんですね。
前にあったように、J1の16位とJ2の3位で入れ替え戦でいいんじゃないかと思ってます。

FLOW

一応弁護士ですが、このブログでは趣味に生きている人のようにふるまいます。

シェリルLOVE