今、プリキュアが面白い

プリキュア
06 /02 2018
大喜利プレマッチ第3回の結果発表は、なるべく1週間以内を目途に行います。



今、プリキュアが凄いことになってます。

史上初の2人同時追加キュアの情報が公表され、
史上初のアンドロイドのプリキュアの誕生がほぼ確実。
そしてそのCVが、プリキュアシリーズ出演を長い事期待されていた田村ゆかり。
もう一人の追加キュアの候補キャラも非常に濃くて面白いキャラ。

また、いままでファンタジー色が強かったプリキュアですが、今作はどちらかというとSF色がおし出されていて、プリキュアシリーズの幅が更に広がっている感じがします。


ニチアサは今年も面白い作品がそろってるのですが、最近はゲゲゲの鬼太郎6期がフジテレビでやってるので、仮面ライダービルドとどっちをリアルタイムで観ようか迷ってます。どっちか録画してるので観ること自体はできますが。

こういうことが起きるからニチアサの放送時間を変えてはいけなかったんだよ・・・・・
今からでも時間戻してくれないかな
スポンサーサイト

最近のことをつらつらと

プリキュア
03 /05 2018
久しぶりに最近のことを述べてお茶を濁す記事。

1 スプラトゥーン2
 久しぶりにフェスで勝利しました。
 ただ、今回のフェスはそんなに活躍できなかったかも。
 
2 プリキュア
 今作、非常に面白い。
 これはポテンシャルとしてGOプリ以来のものを感じてます。
 ただね、敵組織がブラック会社というのが、社会人になった今では心に刺さる・・・・
 弁護士業なんて基本ブラックだしなあ・・・・・
 
 今年も春の劇場版の季節が近づいてきましたが・・・・
 どうも公開日に観れそうにない。

3 FGO
 最近、スマホゲームの中心が徐々にパワプロからFGOに移ってます。
 基本無課金プレイなので、のんびりとやっていきます。

 宮本武蔵ほしい・・・・・

4 艦これ
 どうやら今のイベント中に武蔵改二は無理(現在レベル60)。
一月末の獲得だったのでどうしてもね。
 もっと早く出てきてくれればと思うけど、こればっかりは運。
 今はE7丙を攻略中です。丁だとなぜか逸れるのでギミック解除できなかった。

HUGっと!プリキュア 第1話

プリキュア
02 /04 2018
ハグプリ、第1話が放映されました。

なんというか、絵柄がラブライブみたいだと思いました。
モブがモブの顔してないもんなあ。

話の展開としては、プリキュアの王道をいくような感じでした。
それは逆に目新しさが少ないってことでもあるんですが
まだ1話じゃどうなるかはわからないですもんね。


ただFLOWの予想として、やたら「未来」というワードが出てきたり、「新しいプリキュア」という、今までにもいたようなセリフ、今の時代よりも文明が進んでいるかのような世界からきたようなハリーの言葉
「はぐたんとハリーは、荒廃した未来から現代にやってきた」のかもしれません

なんか昔、そんなアニメあったような気がする。


あと、主役の野乃はなの声優について、前に言及しましたが
はなのキャラ性とか、これから「イケてる大人になりたい」と言う設定を踏まえると割と納得できました。
こういうストーリーなら、「これから成長する」という声の方がしっくりしますもんね

プリキュア第1話の楽しみ方

プリキュア
02 /03 2018
さて、明日はいよいよシリーズ15周年記念作品、HUGっと!プリキュアがスタートします。

そういえばFLOWのプリキュア視聴歴は何年かなあ?

そんなFLOWが長い視聴歴から編み出した、プリキュアの初回を楽しく見る方法を今日はお伝えします。

続きを読む

キラキラ☆プリキュアアラモード 総括

プリキュア
01 /28 2018
今日の放送で、キラキラ☆プリキュアアラモードが最終回を迎えました。
来週からは新しいプリキュアが開始されますが、その前にプリアラの総括的な感想を書きます。

キラキラプリキュアアラモードは、今までのプリキュアシリーズの売りでもあった肉弾戦を封印したり、最初から高校生を参加させたり、パティシエの他に動物をモチーフにしたりして開始当初から話題になりましたが、今回一年通してみてみると、その他にもプリキュアシリーズを観ている者にとっては斬新な要素を多数取り入れていました。
それでいて、これは紛れもなくプリキュアといえるほどに、プリキュアシリーズの特性を出せていました。

そういう意味でFLOWがこの作品で評価したいのは、「プリキュアシリーズの殻を破り新しい表現の余地を開拓した」ということですね。
あとどれくらいシリーズが続くかはわかりませんが、きっとこのプリアラが一つの転機になるものと思われます。
今回、主要キャラクターは今までのシリーズで一番多くて、それでいてそれぞれのキャラに魅せ場やバックボーンがあり、追っていくのが楽しいシリーズでした。こういうシリーズだからこそ、最終回を終えた後の余韻がいいものです。
シリーズ屈指の個性派集団であることが活きました。


ただ、どうしても多くいるキャラクター一人ひとりの掘り下げ方は浅くなってしまった感はありますが・・・・
ピカリオとビブリーという、敵から味方に付いたキャラも最終決戦の時に何か参戦してほしかったという期待がありました。
あと、FLOWが一番勿体ないと思ったのは、敵の首領ノワール。
このストーリーを採用するなら、もっとノワールのキャラを掘り下げるべきだったんじゃないかと思います。
どうにも説明や情報不足で、「フラれたから闇落ちした」みたいな非常に残念な評価がされてます。
FLOWはそうは思わないんだけどそう思われても仕方ない描写だったので
ここは無難に逃げちゃったかなあ・・・

来週からは「HUGっと!プリキュア」が始まります。
変化球気味だったプリアラの次だから、今度は原点回帰的な作品になるそうですが、テーマが「育児」であり、描くヒロイズムが「母親」だという点はプリアラよりも挑戦的なものがある気がします。
また一年間、楽しめる事を祈って

FLOW

一応弁護士ですが、このブログでは趣味に生きている人のようにふるまいます。

シェリルLOVE